読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりどり.com

宝塚や本、映画、旅行のことなど。

手塚治虫が考えた100年後の宝塚

「ぼくの かんがえた さいきょうの ○○」 というネットフレーズが流行したのはいつのことだったでしょう。 何の生産性もない、しょーもない機能を持つマシンや魔法呪文を妄想・発想することをヤジる(時に自虐する)ためのフレーズです。しかし、この非現実な…

春日野八千代が白薔薇のプリンスになるまで[改]

「伝説のタカラジェンヌは誰か」 そんな質問を投げかけられたら、ヅカファンは何と答えるだろう。大地真央?天海祐希?最近であれば柚希礼音もレジェンドと呼ばれている。麻実れい、越路吹雪も伝説のスター扱いを受けるかもしれない。 宝塚を観ていると「10…

朝海ひかるの絶望と憂鬱

憂鬱を背負った瞳に、光が入る。 「神よ、私は自分が罪深い人間であることは知っていますーーー」 男はふらふらと歩き、背をまるめて両手をじっと見つめる。そして気づく。 「神よ、これがあなたの答えなのか」。 端正な顔が苦しげにもがく。かすかに眉が歪…

花總まりは帝劇の女王なのですから

中学2年の冬のことだ。テスト期間中で昼から家に戻れることになり、ご飯を食べようとカップ焼きそばにお湯を入れて待っていたとき、何気なくテレビをザッピングしたらNHKのBS2(現在はプレミアム)にきらびやかな画面が映った。しかし、お昼のワイドニュー…

パタリロ、無念の舞台化へ

宝塚OGの樹里咲穂はある日、自分が持っているテレビ番組で現・宙組トップスター朝夏まなとにこう切り出した。 「(あんたには)バンコランやってほしい」。 バンコランとは、少女ギャグ漫画界の雄「パタリロ」に出てくる超絶美形スパイだ。 樹里の台詞は、い…

スカートに感情を乗せる星奈優里

宝塚には娘役芸というものがある。男役と並ぶときに膝を折る、ボリュームのあるスカートにつまずかないよう裾を操作する、横顔を美しく見せるために首筋を浮き出させる、リフトは相手役の負担をかけないように軽く乗る。私の把握しているものなど、きっと知…

ジルベールと天沢聖司を操る早霧せいな

「ふら」という言葉がある。落語家の古今亭志ん朝が雑誌のインタビューにて父の古今亭志ん生について語ったときに発言し、広まった言葉と言われている。 落語の場合のふらとは「その人でしか出せない独特のおかしみ」を指す。落語家にとっておかしみは個性だ…